TOP

就活に必要な情報を私なりに更新します。

日本中で開催されている合同説明会ってなんだ?

就職活動をしていると、合同説明会の案内を目にする機会も多いでしょう。複数の企業が参加する説明会のことで、学生にとっては一度に複数の企業の情報を入手できるので効率的に企業研究ができます。会場に行くと、いくつかのブースが用意されているはずです。それぞれのブースに異なる企業の担当者がいて、会社の説明を受けられます。また気になることがあれば、どんどん学生の方から質問も可能です。インターネットや就職情報誌である程度企業情報は手に入るものの、具体的な職場の雰囲気は分かりにくいです。説明会に参加して社員と実際に話をすることで、職場の雰囲気などが分かるはずです。また説明会には、人事担当者が参加しているケースも多いです。面接の前に人事担当者と話をすることは貴重な経験となるでしょう。面接の時にはなかなか聞けない質問ができるので、会社の突っ込んだ情報も集められます。同じ業界の会社が複数参加しているので、会社の社風の違いなども分かり、より自分の肌に合った職場が見つかりやすいです。

学生がキャリアセンターの活用が有効

各大学にキャリアセンターが設けられています。特に就職にちからを入れている大学であれば、自分で就職先を探すよりは、キャリアセンターを活用するとよいでしょう。キャリアセンターとは、その大学に所属する学生の就職を支援する機関です。就職課の名である大学も役割は同じです。そこのには応募のある企業のいわば求人情報があります。また企業は、積極的に若手の採用をしている場合には、各大学に直接求人を出した方が効率がよいので、大学に出すこともあります。またキャリアセンターでは、就職に関する色々を教えてくれます。色々とは、履歴書の書き方やなかなか就職先が見つからない場合のサポート、就職試験のノウハウや正しい面接の受け方など、サポートを受けることもできます。新卒採用だからこそて手厚くサポートしてくれるのが学生の時期です。卒業してしまうと、大学構内のキャリアセンターを利用することはできないので、学生のうちの活用すると就職に優位です。


風俗業界の面白い企業【株式会社コネクト】

圧迫面接を知り、その対処方法を知っておく

圧迫面接は就職活動をしている人ならば一度は聞いた事や体験した事があるのではないでしょうか。これは面接で求職志望者に対してわざと難しい質問をしたり、威圧的な態度で面接をしたりと、志望者に対してストレスを与える事でどのように対応するかという反応を見るための面接方式です。もちろん全ての企業で行われるわけではありませんが、この対処方法を知っておかないと、面接で思った通りの返答ができずに落選してしまうという場合も考えられます。実際に圧迫面接が行われる時、面接官は基本的に志望者が非常に不愉快に感じる態度を取る場合があります。そういった時に感情的になってしまったりすると、ストレス耐性が無いとして落選させられてしまいます。この時には感情的にならず、そういう面接なのだと割り切って考えてきたとおりの返答を返せるようにしましょう。例え反応が悪くても、それはこちらの話した内容が悪いのではなくそういう形式なのだと思う事が大事です。インターネットを利用すれば、圧迫面接の体験談なども多く見る事ができますので、そういった面接になった時の対策を事前に練っておくのもひとつの手段です。