TOP

就活に必要な情報を私なりに更新します。

新卒でWebプランナーを目指して就活し見事内定ゲットです

私は新卒でWebプランナーになりたいと思って、就活をしてきました。ちなみに文系でWeb制作についてきちんと学んだことはなく、ホームページを作った経験もありません。そんな私がなぜ、Webプランナーを目指したかというと、インターネットサーフィンが好きでサイトの運営や制作に興味を持ったことと、プランニングがメインの仕事なら、制作スキルがなくても採用してもらえるのではと考えたからです。周りの友達の間でもWeb系の仕事は人気で、中には在学中に専門学校の講座を受けて、文系、理系関係なしにWeb制作のスキルを身に着けた子もいますし、趣味で独力でホームページを作ってしまう友達もいました。ですが、私はWeb系の仕事がしたいと思ったときには時既に遅しで、就活が始まる直前だったので、スキルを身に付けてる暇はなかったのです。ただ、興味はあったので、毎日のように更新しているブログサイトを自分なりにネットで情報を集めながらカスタマイズするくらいの知識があるだけです。そんな私が志望動機にどんなことを書き、面接で何をアピールしたかといえば、プランナーに求められるヒアリング能力と企画力、プレゼン力に情報収集力があることを強調してみました。また、唯一の強みと押し出したのは、マーケティングに関する知識です。業務で実践した経験はありませんが、大学で経営学を学び、マーケティングのゼミに入っていたので、そこはプランナーに不可欠な要素だと考えました。デザインが良ければクライアントが満足するわけではなく、クライアントが想定するターゲット層がアクセスして、アクションを起こすサイトにしなければなりません。マーケティングリサーチと分析を駆使し、ターゲット層にとって見やすく、分かりやすく、使いやすいサイトを設計しながら、ターゲット層が喜ぶコンテンツを立案するのに役立つ知識がある点をアピールしたのです。もっとも、新卒とはいえ、ただ知識がありますだけでは押しが弱いかなと思ったので、自分でテーマを決めて、こういった会社があったら、どういう風にクライアントに提案するのか、定められたターゲット層にアプローチするにはどういったサイトにするのか、シミュレーションした提案書を作成してみたのです。Web制作をする友達はポートフォリオという作品集を武器にして面接を受けたようですが、私はこの企画書を武器に就活していました。そのおかげか、内定がバンバンもらえて、6社中5社から早々に採用通知を頂くことができました。

新卒でWEB事業会社の就活を成功させるポイント

WEB制作会社やWEBマーケティングを手掛ける広告代理店など、WEB関連事業に新卒で就職したい場合の就活は、一般企業向けの活動に加えて、次のような点にも気を配る必要があります。まず、一般企業においても必要なこととして、礼儀やマナーがあります。これは社会人として当然必要なことではありますが、WEB関連事業でも求められ、意外に見過ごすことはできません。WEB制作というと職場にこもって制作作業にかかりきり、というイメージを持たれる学生さんは少なくありません。ですが、実際にはクライアントに向けたプレゼンやミーティング等で、外部の関係者と接触する機会も多く、他社訪問の機会もかなりあります。新卒で駆け出しのころは特に、制作作業を請け負うための営業活動なども実践的に行われますから、社会人としての丁寧な言葉づかいや正しい敬語をはじめ、所作や振る舞いもきちんとしているほうが好感度が大きくなります。たまにテレビ番組などで、WEB関連会社が紹介されると、フラットな職場でカジュアルな服装で和気あいあいとしている様子が流れるので、気軽な雰囲気でいいんだと誤解される方がいます。ですが、あれはあくまでも職場の一コマであって、実際に取引先やクライアントとの商談や営業活動となれば、きちんとした対応を求められますので、誤解のないようにしましょう。一方で、当たり前の礼儀とマナーだけでは、採用されないのもWEB関連事業の就活の難しいところです。WEBの世界は常に進化を遂げ、新しい手法が注目を浴びていく世界です。そのため、創造力の豊かさや少し人とは違った奇抜な発想や個性的な発想を持てることも重視されます。面白い人間を取りたいと思っている企業も多いので、社会人としての常識を持ちながらも、新しい風を起こせるようなユニークな部分をアピールすることが求められます。斬新な発想などでは勝負できないという方は、緻密さと柔軟性をアピール材料にするといいでしょう。納期に向けてのスケジュール管理とそれをきっちり守っていくこと、さらに、クライアントの要望に応えて臨機応変にスケジュールを変更する柔軟さも求められます。そのため、スケジュール管理力や集中力、仕事を予定通りにこなせる真面目さと、フレキシブルさを柔軟性のある人材が好まれるからです。また、体力と持久力があることもアピール材料の1つになります。納期に向けて集中的に作業をこなす必要がありますから、少しのことで音を上げない、ストレス耐性の強さが求められるのです。ITの就活豆知識

日本中で開催されている合同説明会ってなんだ?

就職活動をしていると、合同説明会の案内を目にする機会も多いでしょう。複数の企業が参加する説明会のことで、学生にとっては一度に複数の企業の情報を入手できるので効率的に企業研究ができます。会場に行くと、いくつかのブースが用意されているはずです。それぞれのブースに異なる企業の担当者がいて、会社の説明を受けられます。また気になることがあれば、どんどん学生の方から質問も可能です。インターネットや就職情報誌である程度企業情報は手に入るものの、具体的な職場の雰囲気は分かりにくいです。説明会に参加して社員と実際に話をすることで、職場の雰囲気などが分かるはずです。また説明会には、人事担当者が参加しているケースも多いです。面接の前に人事担当者と話をすることは貴重な経験となるでしょう。面接の時にはなかなか聞けない質問ができるので、会社の突っ込んだ情報も集められます。同じ業界の会社が複数参加しているので、会社の社風の違いなども分かり、より自分の肌に合った職場が見つかりやすいです。

学生がキャリアセンターの活用が有効

各大学にキャリアセンターが設けられています。特に就職にちからを入れている大学であれば、自分で就職先を探すよりは、キャリアセンターを活用するとよいでしょう。キャリアセンターとは、その大学に所属する学生の就職を支援する機関です。就職課の名である大学も役割は同じです。そこのには応募のある企業のいわば求人情報があります。また企業は、積極的に若手の採用をしている場合には、各大学に直接求人を出した方が効率がよいので、大学に出すこともあります。またキャリアセンターでは、就職に関する色々を教えてくれます。色々とは、履歴書の書き方やなかなか就職先が見つからない場合のサポート、就職試験のノウハウや正しい面接の受け方など、サポートを受けることもできます。新卒採用だからこそて手厚くサポートしてくれるのが学生の時期です。卒業してしまうと、大学構内のキャリアセンターを利用することはできないので、学生のうちの活用すると就職に優位です。


圧迫面接を知り、その対処方法を知っておく

圧迫面接は就職活動をしている人ならば一度は聞いた事や体験した事があるのではないでしょうか。これは面接で求職志望者に対してわざと難しい質問をしたり、威圧的な態度で面接をしたりと、志望者に対してストレスを与える事でどのように対応するかという反応を見るための面接方式です。もちろん全ての企業で行われるわけではありませんが、この対処方法を知っておかないと、面接で思った通りの返答ができずに落選してしまうという場合も考えられます。実際に圧迫面接が行われる時、面接官は基本的に志望者が非常に不愉快に感じる態度を取る場合があります。そういった時に感情的になってしまったりすると、ストレス耐性が無いとして落選させられてしまいます。この時には感情的にならず、そういう面接なのだと割り切って考えてきたとおりの返答を返せるようにしましょう。例え反応が悪くても、それはこちらの話した内容が悪いのではなくそういう形式なのだと思う事が大事です。インターネットを利用すれば、圧迫面接の体験談なども多く見る事ができますので、そういった面接になった時の対策を事前に練っておくのもひとつの手段です。